旅と日常

増税前に欲しいものと今後行きたいところと予算と日数

明日から増税なのでその前に欲しいものはこれ。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07MR42C2Q/

昔は全荷物3キロ以内に納めるようにして、買い物もほとんどしなかったので、計る必要なんて無かった。

しかし、最近は旅先でチーズとかバターとかパンとか偽キャビア等を詰めるだけ詰めむようになってしまい、帰りは常に重量ギリギリになるように。

秤は二個セットだと安いので誰か買わないかなと思ったが、宿の体重計でいいじゃんと言われた。まぁ、これの重力で荷物100g重くなっちゃうしな〜。

毎回引き算が面倒になったのと、そもそも宿に体重計や秤がないところも多いのと、日本で郵便物を測るのにも欲しい。

無くすから二つあってもいいかも〜。

今後行きたい旅行

ユーラシア大陸ばかりになった。

・ロシアの少数民族巡り(主にシベリア)

費用・?高い

2週間〜4週間

・歴史を勉強してからバルカン半島のあたり(コソボ、マケドニア、アルバニア、モンテネグロ、ボスニア、セルビア、スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ)

14日〜20日

20万〜30万

・ロシア黄金の輪とキジ島(基本なルート)

10日間

20万

・春秋航空20000円でいく雪まつりじゃない時期のハルピン

3日間

4万円

・15年後の中国の元陽の幡哈の長机街祭、あと15年以内には。元陽空港建設中。

5日

6万円

・エアアジア25000円でいく5度目のペナンごはん。一年以内。

4日間

5万円

・S7で30000円でいくウラジオストク。黒パン大量買いとロシアングルメ。

3日間

 45000円

・ウズベキスタン再訪

飛行機に乗り遅れて三都市のうちブハラ未踏。

6日

20万

・チェジュ航空往復8000円のチケットを使っていく大邱

チムジルバン・宮殿ラベンダーに泊まる。一泊1000円

https://www.yamatabi-hokkaido.com/20190601/

三日間

2万円

・スペインのパラドールとポルトガルのポサーダを泊まる旅。一泊15000円〜

7日間

30万

・フランスで美術研修(パリとアビニョン)

期間1年半

費用?

・ニューヨーク美術館巡り

期間5日間

17万

・デンマークデザインととクリスチャニアヒッピー文化巡り

5日間

15万円

・日本巡業36都道府県県庁所在地のみピンポイントで。18切符とLC C

来年2月以降

飛び飛びに

北海道3日・東北4日・関東2日・中部5日・中国四国6日・九州10日・沖縄2日

予算25万


美しきカレー曼荼羅サッディヤ@ケララバワン

練馬の南インド料理屋、ケララバワンのサッディヤに行ってきました。

サッディヤとは毎年開店記念で行われる無料の振る舞いご飯です。(参加には予約が必要)

ご飯は南インドのミールス。バナナの葉っぱを模した紙皿にどんどん料理が置かれていきます。

どんどん

目の前で美しい砂曼荼羅が出来上がってくるようで楽しい。チャッツネはレモンやビーツのチャッツネ。濃い色はタマリンド?

完成!カレー5種、付け合わせの野菜4種(推定)の上にパパドが乗ります。甘いお米のデザートつき。

どれも美味しかったけど、右下の芋のカレーとキャベツの付け合わせがとても好みでお代わりしました。

ご馳走さまでした。

ケララバワン
練馬から徒歩5分ランチ&ディナー

http://www.keralabhavan.com/index.html


だいたいピタゴラ装置

Amazonからありがたい話がきた。

今度はベルホヤンス以外も含め三冊。ありがたいことだ。

来週からのウラジオストク旅行のKindle化も当然やる。まだ行ってないけど笑

他にもああしてこうして、といろいろ計略はある。

もっとお金に結びつくと良いんだけど…。最近バイトもしてるし、まぁいっか。

中国本はかけた労力にあまり売れずに寝込んだが、今はぼちぼち。

昆明のねこ

英語版も一冊もうれてないが、直接の売り上げだけじゃなく細かいいろいろがあるから…。

・冊数が多い方がいい(全てにおいて量が重要派)

・新しいこころみ

・英語版をつくるという一連のプロセスの経験

・作る→リリースにあたって、いろんなひとやところとの関わりの仕方

・お金を掛けて賭けてみること(ネイティブチェックとか)

・とりあえずやってみること

・まわりに参考になる人がいなくてもやること

とか。

直接じゃなくてもピタゴラ装置的にどっかが動くことも多いにあるので。

昆明バスターミナルのねこ

バタフライエフェクト的風が吹けば桶屋がもうかる。


わたしの旅はわたしのもの

来年ウラジオストクにJALとANAの直行便がとぶ。今後、香港や台湾やソウルのように、日本人が気軽に行く街になるんだろうか。寒すぎるところが他の都市に比べて不利かもしれない。

日程かぶりは前半ひとりいて、あともうひとり日程が被っていたが、バイクで事故って今ウランバートルにトラックで運ばれてる最中。

1泊目はウラジオストク空港で寝るまでしか決めない。 

自由なねこ

行き慣れた場所だと自分の好奇心より「相手を楽しむ&楽しませるを楽しむ」という旅ではなく飲み会の延長にシフトするのでそれはそれで楽しい。

今回のウラジオストクの目的はコンテンツを作りに行くこと。

わたしはなぜか求めれようが、求められまいが、勝手にホストしてしまい相手を優先させてしまう。自分のそんなところはすごく気に入っていない。

それと、人の気配があると、気になって気になってコンテンツどころではなくなってしまう。 ゆえに一人でウロウロする予定。

あと、ひとり旅でもせっかく全てが自由な旅行なのに、宿が決まってたり、予定が入ってるだけでもう息苦しい。究極「行かなくてもいい自由もある」くらいの自由さがほしい。その瞬間の自分の気分で行動をきめたい。

頭では効率の良いお得な回り方をしたいと考えるけど、心ではすごく不条理で損する動き方をしたい。

わたしの旅はわたしのものだ。

自由じゃないコモドドラゴン

今回、そんな自分の心に究極によりそってみよう。

ただ、たくさん調べてはいく。

知識は自由を広げるゆえ。(そこで何ができるか、何ができないか、してはいけないことを知ること)

電子ビザは違う都市にはいけない決まりがあるので、ほぼウラジオストクから出れないゆえ、日程が合う限り街中で偶然しょっちゅうあうと思う。そのときはごはんしたい。そこはぜひ。

約束、予定、決まりが苦手だけど、人類は好きなのでそういうのは好き。