世界で一番寒い街に行ってきた: ベルホヤンスク旅行記 英語版

ベルホヤンスクの翻訳が終わった。

無料のGrammarlyで基本の冠詞やつづりはチェックしてもらえる。いい時代に生まれた。
思ったより早く終わったのはベルホヤンスクでお世話になった先生に、間違っているところや失礼なところはないかと確認してもらうために送った英訳が残っていた。よかったよかった。

ロンドンの友だちにチェックをお願いすることになっているが、(オックスブリッジイングリッシュのネイティブスピーカーと留学生に英語を教えるクロアチア人の先生という最強コンビ)
そのまえに私の英語だと、文法云々の前にそもそも何をこいつ言ってるんだということがわからない可能性があるので、英語のできる日本人にチェックしてもらおうと思った。

ちょうど友人の元英語教師が結核で隔離病棟に入院しているので、お願いしようと思ったが病院にWi-Fiがないし、隔離されているので脱走ができないし、見舞いもできないという状況。

強制的に12週間入院で隔離ほやほやだからシャバに出てくるのままだまだ先。

もし私が隔離病棟に入れられることがあるならば、ポケットWi-Fiを持って行こうと思う。あとsurface。Kindle Paperwhiteは買おうかな。

Amazon prime入っている人ならば今なら日本語版は無料で読めます。

『世界で一番寒い街に行ってきた: ベルホヤンスク旅行記』

こちらもよろしく~
『中国少数民族をめぐる旅: 西江・元陽いまむかし』


You may also like...