家具なんていらない人にとってはただのゴミ


「家具なんていらない人にとってはただのゴミ。」と言われた。

また別の人には「家具は人との間をぐるぐる回すと良いよね。」と言うと、

「家具なんてそんなもんでしょ」と言われた。その通りだ。

身近にに一人暮らしからシェアハウスに移行した人も多く、廃品回収業の人もいるから特に。

家具なんて余ってる人にはただのゴミ。処分にもお金がかかるし。周りに欲しいものを告知すれば回ってくる可能性が高い。

アーロンチェアをヤフオクで落札したので、今日この座椅子を友人にあげた。こんな感じのことだ。

アーロンチェアはどっかで余ってそうな気がした。

落札した後に、あとから余ってるからあげると言われた。

タイミングがずれていて面白い。

送料が7000円ちょいかるので、免許のある友人の協力でレンタカーで受け取りに行く。

ヤフオクのアーロンチェアの出品写真があまりにもうますぎて、これは間違いなくカメラマンだなと思ったら、やっぱり出品者はブライダルカメラマンで、手伝ってくれる友人もブライダルカメラマン。

引取先が別の友人の事務所の近くだったので寄り道してタコと海藻をいただく。

そしてそのままドライブ!

型式をまちがって落札したし、あとからアーロンチェア余ってるよって言われるし、タイミングずれたり失敗したりして面白いんだけど

いや、むしろカメラマンとカメラマンを合わせ、海藻とタコをもらう儀式がメイン。何もずれてもまちがってもいない。

友人はお礼はいーよっていわれたのでタコと海藻を半分ずつにする。

タコは頭と足を分けたら不公平になるので縦に割らなくてはならない。


You may also like...