田舎の家の固定資産税は取ったまま使っていないドメインと一緒

日本の家が安すぎるという話になった。500万以内で巨大な家が買え、固定資産税が年間5万とか。

たとえ行かなくなっても、それはとったままで使っていないドメイン代と一緒ではないかと。

比べるたとえがすごい。

ローカル線が廃線にならないかどうか、役員報酬も調べ上げている。たくさんもらってるようだから、大丈夫であろうと。

調べ方の角度がすごい。

家で仕事をする人だと通勤関係ないから田舎でもいいのにと。Amazonも生協もあるしな。数百万で古民家風なのもあったりする。

なぜみんな買わないのかという話になっていた。

なぜだろう。

ある日気づいたらその価値に気づき、突然高騰するとか。浮世絵みたいな。

とりあえず、ロンドンの友だちの10倍の広さの家が20軒買える。

とりあえず、周りの人がいろんな田舎に家を買うと、泊り歩ける。

家主がしばらく留守だと、勝手に住み着いてアーティストインレジデンスが出来る。気分転換に場所変えて作業するのいいね。

今のところ成田と茨城と別府ともうすぐ養老渓谷が加わる。

温泉に浸かって鮎食べて蕎麦食べて魚釣りする。


You may also like...