Monthly Archive: 4月 2019

春秋航空のセール737リターンズ

春秋航空のセールはハルピン行きのチケットは9月〜がまだ残っており、寧波は5月〜からあった。

ハルピン往復で燃料費や税金あわせていくらくらいか調べてみた。(日課)

往復で調べると最安の3999円の選択肢が復路で消えた。往路を選択する前は最安は有ったのに。試しに

成田→ハルピン

ハルピン→成田

と片道ずつ検索すると安いチケットが出てきた。

例えば10月3日発、10月16日現地発を調べると、同じ日程でも往復で買うと全て込みで23739円だが、片道ずつ買えば合計16938円になる。

つまり片道ずつ買った方が6801円安い。

ただし、往路買ってる途中で復路が売り切れても責任は持てないけど。

時間も悪くない。

成田0810→ハルピン1005

ハルピン1100→成田1450

ハルピンにいくらくらいで滞在できるか調べてみた。

ユースホステルのドミトリー一拍394円 

個室1060円

ツイン1589円

http://www.booking.com/Share-FtAFFF

これなんかもいい。ハルピンらしい中華バロック建築で新しい設備

ドミ656円

個室1303

http://www.booking.com/Share-c2mq5o

シナゴークを改装したユースもあるようだ。

http://www.booking.com/Share-1qLFUFH

ベストシーズンは氷の景色とやらで12月〜1月のようだが、氷あまり興味ないので秋が良さそう。

待ち歩きもヨーロッパ風味でたのしそう。

https://tripnote.jp/m/china/harbin-sightseeing-and-gourmet/2

わたしの旅行先の決め方

安いチケットどこでもいいのでさがす

手頃で快適そうな宿があるかどうかさがす

街に興味持てるか持てないかをみる

その場所が気にいるか実際行ってみなくてはわからないので優先度がやや低い。

楽しみに行ったけど、半日で出てくるとか割とあるので最初の予想は当てにならない。空気感はガイドブックじゃわからない。

誰かと一緒でなければ、大抵一泊だけ予約する。延泊するかどうかはその街に行ってから決める。

繁忙期でホテルが少ないという場所でなければ街についてから宿を取るときもある。

移動したくなっても、ホテルを取っているため、その街にいなくてはならない義務が発生するのがいやだから。

ちなみに、直接予約と予約サイト経由は、マージンの関係で直接の方が安あいだろうと思っていたけど、実際ためしてみると8割の確率で予約サイト経由した方が安い場合の方が多かった。予約サイトで独自の割引をやっているからかな。


これもまた旅

スカイスキャナーやmomondで行き先は「全ての場所」で検索する。

調べることも旅の楽しみの一つであるならば、これも旅。しかも無料。気が向いたら行くこともある。

往復コミコミで1万切ってるチケットを見つけた。大邱行きの安いのはチェジュ航空から時々出てるが、務安って都市は初めて知った。

務安ってなにがあるんだろうと思ったけど、観光名所よりたいてい街をぶらぶらするのが楽しい。

ぶらぶらするなら大邱のほうに興味が向く。

しかし、セブパシフィックのセブ往復6917円と天津航空の西安往復トランジットホテル付き9896円を超えるものは無い。

西安はまた行きたい。


せめてハイブリッド型を目指す

※便宜上、論理的な行動をする人たちを論理型とする。そうじゃない人をそうじゃない型とする。

—————

論理型の人々は落ち着いているし、半分ロボのようにフラットに見えていいなと思う。

わたし「わたしは、何か言われたらあわてたり、無駄に落ち込んだりしてしまうのですが、ここにいる人たちは感情に左右されないうに見えます。その考え方はどのように得たのですか、それとも生まれつきですか。」

論理型1「培ったものだと思う。

何か言われたら、負けないように理論武装すればよい。そうじゃない裏付けを着々とつくり周りを固めていく。それで自分の主張に穴がなければいい。

もしくは、この人は特別枠の人間なんだと思わせる。そのためのキャラ作りをする。例えば服装から。奇抜な格好をしたりとか」

わたし「へんな帽子作ってかぶろうかな…」

論理型2「仕事上で何か言われても、気にする必要がないでしょう。仕事は両方に対してメリットがあるのが目的ゆえ、そのメリットが合致さえしてればよい。」

わたし「仕事以外でもなんか言われたら弱るし…」

論理型2「この場合、仕事以外の話は関係ないでしょう。それは全く別の話です。」

わたし「…と言うことがあったんだよ。常にわたしにはない角度の発想でくる。素晴らしいな!」

そうじゃない型1「それは余裕があるからそういう考え方ができるのでは」

わたし(仮にそうだとすると余裕があるときは、武器が使えて余裕がないときは丸腰ということになる。余裕がないときこそ武器が必要なのでそれは困る。

余裕があったとしても、原因と対策を考えるルートを通れるだろうか。論理系はそういう思考法だから、余裕ができると言うのはあるかも。

そしてHowの説明つもりが「余裕があるから」というWhyの答えが返ってきてしまった。論理型の説明の中で誰でも使えるお得なメソッドがあって共有できたらいいかなと思ったのだが。

せめてハイブリッド型になりたい。

とりあえず今回は下記アイテムを手に入れた

・問題が起こる→対策を考える→結果。失敗したとき→角度を変えながら試す

・二つの問題を一緒にしない

例・仕事の話とそれ以外の問題を分ける

・感情的なもの?だって左右される必要がないじゃない

論理型が開示してくれた対策を共有で使えて便利。

これもオープソース?


アーロンチェアと温泉

とてもきれいな状態のアーロンチェアをヤフオクで手に入れた。

うーん、まるで雲の上にいるよう。専用のクッションつき。32000円+レンタカーおよびガソリン代4000円。いい買い物をした。

出品者の方に、シュレッダーと加湿器いりますかと聞かれ頂いて帰る。(すでに袋に入れて用意されていた)

二つともドライバーの友人のものに。わたしの部屋はむしろ除湿機が必要な部屋ゆえ。

出品者はガチのすごいカメラマンさんで、名刺交換の儀をする。事務所には同じアーロンチェアがまだ4つあるそう。従業員のことを考えるいい経営者。

せっかくレンタカーがあるので近所の友だちもつれて椅子を乗せたまま温泉へドライブ。

http://www.shiraku.jp

川崎にある、志楽の湯。

住宅地にあるとは思えない広い敷地にある、開放感のある露天と異常に眠くなるよい天然温泉。

今日はいい日。