Category: 未分類

わたしの完璧な机周り

・机。0円。mixiのあげますコーナーで知らない人にもらった。先代の机もあげますコーナーで誰かに譲った。

・アーロンチェア 32000円。ヤフオクで買って友だちにレンタカーで運んでもらった

・DELLモニター15046円。デスクトップが散らかって壁紙みたい笑

・足元ホットカーペット1963円。使い忘れて冷え切ってたり使ってない時についてたり

・デスクライト1800円

・サボテンセット440円。100均のプラケースに穴開けて植木鉢を製作し、気に入ったサボテンを買って寄せ植え。一部死にかけている。透明がよかったのは、土の様子が見えるといいかなと思って。

・どこでも学習台3203円。A3より少し余裕があるくらい。高さはアーロンチェアで調整。 

開く。何入れよう〜

合計54,452円

割と制作に関するものは、割とお金かける。


京都のために

そうだ、京都住みたい。

パリに住みたい妄想があったが、
それからアヴィニヨンになり、
今は京都になった!

住むように暮らしたい。同じ意味笑
旅するように旅行したい。同じ(略)

日本語通じるし(一部ゲストハウスは通じないけど)食べ物美味しいし、百均あるし、パスポートいらないし、本屋たくさんあるし、Amazonは次の日届くし、ユニクロあるし、ランチのコスパはいいし、日本食あるし、水道水飲めるし、コンセント変換器いらないし、散歩楽しいし。
日本人だけど日本に移民したくなってきた笑

妄想の旅へはフットワーク軽いので家賃を調べ出す。3万円くらいで小さい部屋借りれるな〜。

今住んでるところも便利で気に入っているし、京都は夏暑いっていうし、いい季節だけ長めに滞在なら現実味あるな!

夜行バスか18きっぷで5000円くらいで往復。
10日×一泊2000円=20000円
(今回ゲストハウスのドミで1000円くらいだったけど通常は2000円〜らしいので)

25000円か!
うん、リアリティある。

仕事の営業しよう笑

ちゃんと営業できそうな気がする。
最近やっと自信出てきた。というか、普通になった。前はものすごく自信がなかった笑

ちゃんとしてるのは無理だなとか。華々しい側を見て、そっち側じゃないなと思ったり、ちゃんと学んでないしとか。
 
でも、全てがちゃんとしたものなんて存在しないし、ちゃんとしてるようにみえて便宜上の舞台装置のようなものだし。
ちゃんとしてなくてもいいし。

でも調子にのって、あたしイケてる、フフーンとかは思わないようにしよう笑
思わないとおもうけど笑

あと、2年くらい前よりは、確実に上手くなった。というか、前よりへたなところがわかるようになってきた。
   
Kindleとかそういう系のも増やそう。
壁に向かって100ノックみたいなものだが笑そーゆーの得意だし笑

京都に向けて一点透視図法のグリッドが引かれた!
京都のために…!


Kindle丸2年の収益公開

Kindle作り始めてもうすぐ丸2年。

5冊出して9,00,414円

5回のキャンペーンの報奨金は、140,000円で100万やっと超えた。(多分)

【売り上げ内訳】

・ベルホヤンスク  257,134円+キャンペーン代12万

・マレー半島314,642円+キャンペーン1万

・ヨーロッパ228,681円+キャンペーン1万

・中国99,541円

・英語版ベルホヤンスク  413円(買ったのは多分私だけ)

ベルホヤンスクとマレー半島はレビューで字が汚すぎとたくさん書かれて手書きフォントにしたが手書きのほうがなぜか売れている。手書きの魔術?たまたま?

あと、全然上位に入らない中国が細々と売れててよかった。作るのにまるまる2ヶ月くらいかかってるから…

2年目は362,876円で、3冊がプライムリーディングになったのと(無料読み放題)2年目で出したの中国だけだから売り上げが下がった。だいたい月に3万円の計算。

それだけで暮らせるぐらいにはまだなってない。

あと、次回のプライムリーディングのオファーが来てたけど申請するの忘れてた… 

忘れてて申し込み期限切れてた。

あとから「メールに気づきませんでした」って嘘ついちゃったけど、ダメだった。たぶん、嘘バレてる。リンク踏んだ時点でバレてる。嘘はよくない。

毎回必ず何かしら工夫を入れてる。

ベルホヤンスクはベルホヤンスクの世界初のガイドブックとして笑(一応そう)

日本初の全ピカソ美術館ガイドブックとして(世界のはあるかも)

マレー半島はエンタメ感重視、めくってもうように構成を入れ替えた。(ページをめくるごとにお金が入るシステム)

中国は電子書籍だけどページをめくるギミックと現在と過去を行き来する構成(読みにくいとの評判)

英語版ベルホヤンスクは世界初の(略)英語版を出すということ、ネィティブチェックにをお金を出してお願いすること。

紙の本についてはGIFアニメ感出せないかなと、カバーとカバーを外すと答えが出ることにした。

前書きで旅の準備、目次で出発で旅の前のわくわくと読む前のわくわくをリンクしてくれたらいいなと、いう作りにした。
『完全版 世界で一番寒い街に行ってきた ベルホヤンスク旅行記』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4065186692/

【目標】

Kindleや紙の本の収益を一年で200万にしたい。

【問題点と改善点と展望】

SNSは完全に弱い。Amazonの場合あまり関係ない。ただ紙の本の場合関係あるようで、TwitterインスタのSNSの強化をしたい。

ページ数を増やす(1ページめくるあたり0.5円)

相当大量に作らないと難しいかも。

【指針】

収益忘れて楽しんで作れ。上記全部覆し笑


机を探す旅終了

ブリュッセルの巨匠 (泊まらせて頂いたお家の亡くなったご主人が現代建築の巨匠) が使っていた机を使ったらすごくよかった。どうやら傾斜がついていればいいらしい。最初は製図用机を探した。(今使っているのは近所の知らない人にもらったシンプルな机。)
でも、製図用机は高いし重いしかさばる。何十キロもあると引越ししにくい。そしたらこんなものが。これあればどこでもドラフティングテーブル。

アスカ どこでも学習台 勉強台
2,573円
https://www.amazon.co.jp/dp/B07JJJ7JVY/

でもトレース台も時々使いたくなる。傾斜がついているトレース台も。
トレース台 A3サイズ9,280円
https://item.rakuten.co.jp/tryteclabel/a3-500-w/

ただ、必要になったらトレース板を買えばいいな。
2,299円
https://www.amazon.co.jp/dp/B07NZ53777/